静岡に正しい薪ストーブ文化を

昨今、日本で注目されている薪ストーブ。ここ静岡県でも設置が年々増えております。

しかし現実は未だに古いタイプの薪ストーブが販売されております。いわゆる鋳物製輻射式薪ストーブです。これが大きな過ちです。

薪ストーブ先進国の多い欧州、特に住宅の省エネ化が進んでいるドイツでは新築時において鋳物製薪ストーブや、鋼板製でも断熱性の低い薪ストーブの設置は禁止されています。

日本も住宅の省エネ化が進んでいるにもかかわらず法規制などが進んでいないため、古いタイプや安全性を満たさない薪ストーブが設置されているのです。これは一酸化炭素中毒の危険性が潜んでいるのです。

​そのような現状を変えるために皆様に正しい知識をお伝えし、安全な薪ストーブ普及の為に努めてまいります。

IMG_0062.JPG

ストーブ静岡 
代表 櫻井和男

静岡を煙の少ないクリーンな薪ストーブ王国に

富士山①.jpeg

豊かな自然に囲まれた静岡県。政令市を2つもちながら森林資源にも恵まれた静岡県ですが、薪ストーブの普及はまだまだ言わざるを得ません。温暖といわれることもありますが、冬の暖房は寒冷地と変わらず長期にわたり必要となります。そんな静岡県にもっと薪ストーブを普及させたい。そして寒冷地に比べ薪ストーブの普及が進んでいない静岡県だからこそ最新の煙の少ないが薪ストーブが受け入れられると信じております。豊かな自然と共に薪ストーブの炎で心と体を温める豊かな暮らしが最も似合う静岡県を「サッカー王国」ならぬ「薪ストーブ王国」にしたい。

​そんな願いをもって薪ストーブの普及に努めてまいりたいと考えております。

ロゴマークに込めた思い

ストーブ静岡のロゴマークには私たちの思いが詰まっています。

スキャンサームの伝説となった機種「シェーカー」。かつてシェーカ教徒がイギリスからアメリカにわたり布教を広めた開拓精神を込めたフォルムと静岡の富士山を重ね合わせ、海を表すマリンブルーにストーブ静岡StoveShizuokaの頭文字で波をイメージしました。

都会的で高性能な薪ストーブと静岡が誇る豊かな自然が融合したロゴマークに静岡を薪ストーブ王国にしたいという私たちの思いを真直ぐに表現しています。

ストーブ静岡様-マーク.jpg
shaker_front_kurze-bank.jpg

世界最高の薪ストーブメーカー スキャンサーム

IMG_E0002[1].JPG

ストーブ静岡はドイツ製の最高級薪ストーブ『skantherm / スキャンサーム』のみを取り扱う正規代理店です。

よく他の薪ストーブ屋さんなどに行きますと色々なメーカーを扱っており、おすすめを聞いてもあれもこれもということが多くあるかと思いますが、私たちにはそんなことはありません。

家族で暮らす家の中で焚火をするという事は火災はもちろん一酸化炭素中毒の危険性が必ず潜んでおります。万が一の事故を無くす為にはそれに伴う安全性が必要で、その安全の指標である「Dibt」という認証を得た薪ストーブでなければお客様におすすめできません。

そしてもちろんデザイン性も重要です。日本国内でよく目にする鋳物製横型タイプは薪ストーブ先進国ではすでに需要がありません。これは性能の進化とともにデザインも進化しているからです。

性能、安全性、デザインすべてを満たす本当に良いものだからこそ自信をもってお客様におすすめできる。それがスキャンサームの薪ストーブです。